いがぶら2019

Original
Original

行ってきました!体験レポート

「いがぶら」行ってきましたレポート✨

プログラムNO.11
はじめての京絵付け
〜はんなり可愛い 和柄の小箱〜

いがぶら初登場の京絵付けのプログラム!!
河野先生の ふわっとした雰囲気と やさしさあふれる作品が並べられている赤井家の展示室で開催されました。


桐の小箱に下絵が書かれていて それぞれ絵柄を選び、アクリル絵の具の硬さを水で調整しながら 下絵に塗っていきます。

微妙なぼかし具合や境目、縁取りなどに
「手が震えるー!!」
「筆を持つの何年ぶりかしら〜」
と言いながらも筆を進めていきました。
集中して静かになってしまう時もありましたが 皆さん 楽しそうに一筆一筆 丁寧に色を調整しながら絵付けされていました。
むずかしいところは 河野先生がサポートしてくれたので安心❣️


途中、休憩には「くらさか風月堂」さんの秋の和菓子とお抹茶を点てていただいて いっぷく!!

その後もう一息と作業に戻り 仕上げの絵付けと絵の具を乾かして完成…✨

観光で赤井家にこられた方々も 展示してある河野先生の作品を見て綺麗な作品と感動されていました。

愛知県からご参加いただいたグループもあり 出来上がった小箱に何を入れようか…とお話されていました。ちょうど上野祭りの時でしたので だんじりが見れたらいいなぁーと言いながらお帰りになりました。

アクセスカウンター