146

芭蕉生誕地の謎を解くカギはここにあった?!

芭蕉はなぜ奥の細道にふる里の絵を持って旅に出たのか!?

柘植は三重県に初めて鉄道の駅ができた所で、伊賀地域への玄関口として賑わった時代があります。
そんな柘植は下柘植(しもつげ)のお話 「甲子吟行画巻」を基に観て 聴いて 歩いて納得のぶらり旅を企画しました。芭蕉の旧里(ふるさと)??? 源氏と平家 敵を助けた一族??? なんじゃこれ藤堂藩???下柘植の歴史秘話に隠されたミステリーを体感してください。

注意事項

Display
※舗装されていない個所もありますので、歩きやすい服装・履物でお越しください。水筒持参でお願いします。道中トイレがありません。
※小雨決行、雨天中止。
※ご希望が多い場合には、定員の人数を増やす場合があります。
下記実施スケジュールからお好きな日程にご予約下さい

案内人

Display
Display
【廣岡とも子】
三重の語り部、カルチャーボランティアガイド伊賀上野の語り部として活動経験豊富。芭蕉や郷土史を研究して、地域の魅力を発信しています。民話もお話できます。

集合場所

Display

ふるさと会館いが

〒519-1412

三重県伊賀市下柘植6243

申し込み・問い合わせ先

Display 【申し込み先】
・廣岡とも子  ☎0595-45-4756

【問い合わせ先】
・廣岡とも子  ☎0595-45-4756

実施スケジュール

Display

第1回

実施日時
2017/10/14(土) 13:30 〜 16:00
予約開始
2017/09/05 12:00
予約終了
2017/10/09 22:00
料金
500円
定員
4 / 10 人
最少催行
1人

第2回

実施日時
2017/11/19(日) 13:30 〜 16:00
予約開始
2017/09/05 12:00
予約終了
2017/11/12 22:00
料金
500円
定員
0 / 10 人
最少催行
1人

おすすめプログラム

Display
アクセスカウンター