行ってきました!体験レポート

今回は伊賀市東町にある「紅梅屋」さんで薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)と、きんとん作りのいがぶら体験を取材させて頂きました。
地元では知らない人はいない「紅梅屋」さん、いつも四季折々の風情を和菓子で表現して下さっています。
上野天神宮前にある黒と赤を基調とされた和モダンな雰囲気のお店です。

10時からスタートです。
11代目店主の筒井さんから丁寧な説明を受けて大和芋の皮を包丁でむいていきます。

次は大和芋を優しくすりおろしますが、これがなかなか力加減が難しいようでした。

きめ細やかさとつやを出すにはこの工程が大事なので、慎重にいきます。

砂糖や上用粉をふんわりと混ぜて生地は完成。
餡を包み、蒸していきます。



包み方を教えて頂いたのですが、皆さん苦戦されております。
それぞれ個性がある仕上がりになりました。

蒸しあがった薯蕷饅頭に菊やススキ柄の焼き印を押すとわあ~っと歓声があがります。

お茶とともに出来立ての
薯蕷饅頭を頂きました。
見た目はつやつやで、食感はもっちりしています。


何と、きんとん作りまで体験できます。

秋らしくオレンジと黄色の鮮やかな「たき火」をイメージしたきんとんです。

参加された皆様は、貴重な体験と自作の和菓子にとても満足されていました。

箱入りでお持ち帰りできますので、作った和菓子を前に今日の体験を語りながらご家族でお召し上がり頂くのもいいですね。

取材させて頂き、ありがとうございました。

アクセスカウンター